研修旅行「神戸と淡路の建築を楽しむ 洲本温泉」のご報告

令和元年10月27日(日曜日)~28日(月曜日)1泊2日の研修旅行「神戸と淡路の建築を楽しむ 洲本温泉」を実施しました。
秋晴れの過ごしやすい天候の中、17名の方にご参加いただくことができました。
日々の業務でお忙しい中、ご参加いただき、誠にありがとうございました。

【湊川神社】七五三で大変賑わっていました。
CIMG1848.JPG

【神戸中華街】お昼の食事の前に、小籠湯包を少々
CIMG1849.JPG

【竹中大工道具館】特別公開中の茶室「一滴庵」を見ることが出来ました。
CIMG1865.JPG
CIMG1870.JPG

【相楽園】神戸市の中心で、立派な日本庭園が見られるとは思っていませんでした。
CIMG1887.JPG

【相楽園 重要文化財 旧ハッサム住宅】 
CIMG1891.JPG

【相楽園 国指定重要文化財 船屋形】
CIMG1898.JPG

【洲本温泉 海月館】楽しい宴会の様子
CIMG1911.JPG
CIMG1912.JPG

【Looptecture A 淡路人形座】遠藤秀平氏の作品 コルテン鋼メッシュを型枠に使った曲面状の鉄筋コンクリートの壁が特徴的です。
CIMG1925.JPG

【Looptecture A 淡路人形座】舞台に上がり集合写真撮影
CIMG1945.JPG

【鳴門の渦潮】昼食を兼ねて鳴門海峡へ、迫力ある渦潮を見ることが出来ました。
CIMG1949.JPG

【本福寺水御堂】安藤忠雄氏の作品 水蓮の池の下に本堂を配置するという発想には、驚かされます。
ハスの花が満開のところを見てみたいものです。
CIMG1955.JPG
CIMG1960.JPG   

この記事へのコメント